考察FGO第2部後期オープニングのマシュが見る蝶は何か意味があるのかな

蝶は魂や不死の象徴みたいだ。月に向かう蝶の描写は1部にもあったね。

28: FGO民 2020/07/30(木) 19:32:19 ID:LgjGroHc0
この蝶は何か意味あるんかなぁ...
no title

no title

no title

no title

33: FGO民 2020/07/30(木) 19:33:50 ID:9wQTWnOM0
>>28
蝶は魂の比喩だし月に向かう蝶は一部の時もあったからEXTRAのように人類は肉体捨てて月に行きましょうってことかもしれない

35: FGO民 2020/07/30(木) 19:34:15 ID:sRh/8RKw0
蝶といえばアラフィフ

たぶん胡蝶の夢ってことじゃない?

参照元: Fate/Grand Order考察・雑談スレ 第4275の聖杯

へいよーかるでらっくす!

伝承
世界各地にチョウが人の死や霊に関連する観念が見られる。キリスト教ではチョウは復活の象徴とされ、ギリシャではチョウは魂や不死の象徴とされる[7]。

日本でも栃木県宇都宮市で、盆時期の黒いチョウには仏が乗っているといい、千葉県でも夜のチョウを仏の使いという[8]。

チョウを死霊の化身とみなす地方もあり、立山の追分地蔵堂で「生霊の市」といって、毎年7月15日の夜に多数のチョウが飛ぶという[7]。秋田県山本郡ではチョウの柄の服を好む者は短命だという[8]。高知県の伝説では、夜ふけの道で無数の白い蝶が雪のように舞い、息が詰まるほどに人にまとわりつき、これに遭うと病気を患って死ぬといわれる怪異があり、同県香美郡富家村(現・香南市)ではこれを横死した人間の亡霊と伝えている[9]。「春に最初に白いチョウを見ると、その年の内に家族が死ぬ」「チョウが仏壇や部屋に現れるのは死の前兆」という言い伝えもある[7]。

奥州白石では、チョウが大好きだった女性が死に、遺体から虫が湧いて無数のチョウと化したという話が伝わる。また秋田県上総川の上流で、かつて備中という侍が沼に落ちて死に、チョウに化身して沼に住み着き、現在に至るまで曇った日や月の夜に飛び上がって人を脅かすという。そのことからこの沼を備中沼、または別蝶沼ともいう

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%A6

蝶のwikiを見ると…

消滅していったサーヴァントやマシュの肩をポンと叩きフラグをたてたゴルドルフ所長・ホームズ・ダヴィンちゃんを…連想しちゃいます。

1+
Fate/Requiem
オススメアプリ

ステラクロニクル

ステラクロニクル

EFUN COMPANY LIMITED無料posted withアプリーチ



放置少女〜百花繚乱の萌姫たち〜

放置少女〜百花繚乱の萌姫たち〜

C4無料posted withアプリーチ



王道RPG グランドサマナーズ

王道RPG グランドサマナーズ

GOOD SMILE COMPANY, INC.無料posted withアプリーチ



日替わり内室

日替わり内室

Ujoy無料posted withアプリーチ

ステラバラード:紋章の守護者と暁の竜

ステラバラード:紋章の守護者と暁の竜

EYOUGAME Co.JP,Ltd無料posted withアプリーチ

おすすめの記事
おすすめFGOアンテナサイト(外部)
FGOオススメ記事(外部サイト)2
Loading...